新着情報

シーリングの耐用年数を知ることで適したメンテナンス時期が分かる


 

シーリング材は、外壁塗装において養生される目地になりますが、外壁材同士の隙間を埋めるものになり、
いわゆる機密性を高めてくれるので外的刺激から住まい(室内)を守る役割があり、
それは隙間風だったり雨漏りなどのトラブルを防ぐ意味になります。
一口にシーリング材と言っても耐用年数が異なるようですからチェックしてみましょう。
 

シーリング材の種類

シリコン系のシーリング材はもっともポピュラーだといわれています。
耐熱性、柔軟性に優れており、耐用年数は約10年程です。
湿度の高い地域においてはこのシリコン系を用いた外壁工事が行われているケースも多いといいます。
次に、ウレタン系ですが、ポピュラーなのはポリウレタン系です。
こちらは、弾力性に優れているので、外壁塗装においての下地に追従するため、
外壁材の仕上材の馴染みが良く、さらに中塗り・上塗りの仕上がりに影響を与えにくいといいます。
環境変化に強く、汚れにくい特徴があり、耐用年数は約10年程です。
さらに安価に外壁工事を行う場合に用いているのはアクリル系です。
アクリルの性質上、湿潤面でも接着性があるので、仕上げ塗料を選ばないといいます。
水性ですから、耐用年数は約5年程です。
 

シーリングはなぜ劣化するのか

耐用年数を知ったからといっても、環境によって耐用年数より早くリフォーム工事を行うこともあります。
多くは、雨や風の影響を受ける外壁であるため、経年劣化が否めません。
なかでも、サイディング外壁の住宅の場合には、シーリング部分の傷み(劣化)が早いといいます。
原因としては、剥離があります。
これは外壁とシーリング材の間に隙間ができることを意味しており、考えられることといえば、プライマーの塗り忘れです。
また、シーリング材の性質上、紫外線にさらされているとゴムと同じように次第に弾力を失い、劣化してしまいます。
これは寿命ともいえるでしょう。 
また、先にあげた下塗りのプライマーの塗り忘れに対して、建築業者によるシーリング材の選定ミスというのも劣化を早めることになります。
中には技術的問題で、シーリング材が欠落することがあります。弾力性を失うと隙間ができ、
隙間風や雨漏りを起こす可能性が高くなるので、対処を必要とします。
 

対処法とは

シーリングは耐用年数問わず、環境や施工によって使い物にならなくなる場合もあります。
例えば、剥離が見られるのなら、新しいシーリング材の打ち替えをしてプライマーを入れるといった対処が必要になります。
また、紫外線は通年降り注ぐため、どうしても耐用年数に関わらず、シーリングにひび割れが発生しがちです。
ひび割れから雨水が侵入することもありますから、ひび割れを放置してはなりません。
年に一度なり定期点検が行われるでしょうから、その際に耐用性のあるシーリング材で補修できないかを相談しましょう。
シーリングが取れてしまう場合も、新しいプライマーを入れたり、耐用性のあるシーリング材を選び、施工してもらいましょう。
放置できる問題ではないのも住まいを守る外壁だから致し方ないでしょう。
外壁材の機能を高めるため、維持させるためにはメンテナンスは必要になります。
 

新築時には柔軟性も高い状態ですが、長期間保持できるモノは少ないでしょう。
しかし、放置してしまうと、防水性は発揮しづらくなりますから、放置はおすすめできません。
今は、材料の性能も高まっています。日本工業規格により耐久性の試験も行われるようになり、
コスパも良い材料が使えるため、リフォーム工事の際には、機能性を重視して選びましょう。
デザインは外壁塗装でも十分なはずです。
 

愛知・岐阜・三重のシーリング工事ならお任せ下さい。


会社名:アユムシーリング

住所:〒483-8337 愛知県江南市藤が丘1-1-1

TEL:080-3075-1011 
FAX:050-1522-8656

対応エリア:東海三県、愛知、岐阜、三重

業務内容:シーリング工事/防水工事

PAGE TOP