新着情報

シーリング工事では用途に適した素材を使用することで長所を生かせるでしょう

建物のシーリング工事は、建物外壁とサッシの隙間や外壁ボード間のつなぎめなど目地や隙間などに対して防水性、機密性などを目的として行われます。

 

シーリング工事を施工することで建物の隙間などから侵入する雨水などを防ぐことができます。

また、地震による揺れや強風による風圧を建物が受けてできた隙間などに対してシーリング工事を行います。

 

シーリング工事によって建物を漏水などから守ることが目的となっています。

シーリング部分の定期メンテナンスの重要性

建物の隙間を埋めたシーリング材は定期的なメンテナンスが必要です。

外壁、シーリング工事を行った部分は毎日紫外線や雨風の影響を受けます。

 

このようなことから、シーリング材はある程度の期間が経過するとひび割れ、肉やせ、はく離といった劣化症状が生じます。

これらのようなシーリング部分の劣化が始まると水漏れなどの原因となってしまう可能性があります。

 

シーリング工事は建物の水漏れなどを防ぐ目的で工事が施されるため、性能が劣ってしまうことは建物全体の劣化につながるでしょう。

したがって、シーリング工事が行われている部分は定期的に点検を行い適切なメンテナンスが必要となります。

 

複数種類あるシーリング剤について

シーリング剤には複数の種類があります。シーリングの素材によって特徴も異なります。

この特徴によって適した使用場所も違います。

 

また、耐久性などさまざまな違いがあります。

ウレタン素材のシーリング剤は、特に耐久性が高く硬化すると弾力性を持ち密着性が高いという特徴があります。

 

このような特徴から、ウレタン素材のシーリングは外壁のひび割れや目地の補修に用いられることが多いようです。

しかし、このウレタン素材には耐候性が低く、紫外線に対して弱く、ホコリを吸着しやすいといったデメリットがあります。

 

これと比較し、シリコン素材のシーリング剤は耐候性、耐水性、耐熱性が優れているという特徴があります。

また、シリコン素材のシーリングはコストパフォーマンスに優れたシーリング剤とされています。

 

これはガラス周辺の目地や屋根の補修、浴室、浴槽、洗面台、キッチンといった水回りに利用されています。

このシリコン素材のシーリング剤は充填するとシリコンオイルが出ることから、シーリング工事を行った場所の周りが汚れやすくなるというデメリットがあります。

 

また、シリコン素材のシーリング剤の上には塗装できないことも特徴のひとつです。

このことから、シリコン素材のシーリングは外壁塗装には不向きです。アクリル素材のシーリングや変成シリコンなどがあります。

 

アクリル素材のシーリングは水性タイプなので作業性に優れています。

しかし、硬化すると肉やせする可能性があります。

 

また、耐候性、耐久性が低いといったデメリットもあります。

シリコン素材のシーリングは安価な理由によって新築住宅には使用されますがメンテナンスには向いていないようです。

 

変成シリコンの原料はウレタン樹脂です。ウレタン樹脂が原料である変成シリコンは耐候性、塗装性が優れていることから多くの場所に使用されています。

このような特徴から変成シリコン素材のシーリングは外壁などにも使用することが可能です。

 

シーリングの素材は、ウレタン、シリコン、アクリル、変成シリコンなどさまざまな素材のものがあります。

シーリング素材の種類によってその特徴はさまざまでシーリング工事を行う場所によっても適したものがあります。

 

外壁のひび割れや破断、肉やせなどに対してシーリング工事は行っていきます。

シーリング工事は定期的なメンテナンスを行っていくことで、その効果を維持することができます。

 

シーリング工事が行われている場所の劣化症状が進むと建物全体への劣化につながることもあります。

このようなことから、外壁は定期的なメンテナンスを行っていくことが重要です。

 

また、屋根や外壁などシーリング工事を行う際は場所に適したシーリング素材を選ぶことが大切になるでしょう。

 

愛知・岐阜・三重のシーリング工事ならお任せ下さい。


会社名:アユムシーリング

住所:〒483-8337 愛知県江南市藤が丘1-1-1

TEL:080-3075-1011 
FAX:050-1522-8656

対応エリア:東海三県、愛知、岐阜、三重

業務内容:シーリング工事/防水工事

PAGE TOP