新着情報

シーリング材は用途、場所によって最適な材料を選びましょう

シーリング材は、外壁とサッシの隙間、つなぎ目となるような場所、屋根などさまざまな場所に使用されます。

シーリングは、外壁のクラックなどのメンテナンスなどにも使われます。

 

建物に隙間が出来てしまうと、雨水などの侵入経路となり家の雨漏れなどの原因となってしまうからです。

このような隙間を埋めるためにもシーリング材は使用されます。

 

シリコン材量のシーリングについて

シーリングには、いくつかの種類があります。シーリング材の違いは、材料、素材によって使える場所や特徴が異なってきます。

シーリング材の材料となるものがシリコン、変成シリコン、ウレタン、アクリル、ポリサルファイドなどです。

 

シリコンが材料となるシーリングは、安価であることからコストパフォーマンスに優れています。

このような理由からホームセンターなどでも取り扱われ、手軽に調達することが出来るでしょう。

 

シリコンが材料のシーリングは安価ですが、これを充填すると油のようなものが出ます。

このように油が出てくることによって、シリコンのシーリングを充填した部分への塗装は難しくなります。

 

シリコンが材料のシーリングを充填した部分へ塗装をしたい場合には、専用プライマーを使用することで塗装は可能です。
このような特徴から、シリコンを材料としたシーリングは外壁塗装など塗装が必要とされる部分の補修には不向きな材料となります。

 

シリコンを材料としているものは、塗装が必要ないガラスの周り、キッチン、浴槽など水回りには適しているでしょう。

材料がシリコンのものは、耐久性に優れ、安価、密着性が高く、乾きが早いという利点もあります。

 

また、ホームセンターで手軽に入手できることから水回りの補修としてDIYには適しているのではないでしょうか。

 

変成シリコンのシーリング材について

シーリングには変成シリコンが材料のものがあります。

このシーリングはシリコンという名前がついていますがシリコンが材料のシーリングとは大きく異なります。

 

変成シリコンが材料のシーリングは種類によってはシーリングをした上から塗装をすることができます。

変成シリコンが材料のものは、柔軟性に優れていることから金属などにも使用できます。

 

このように柔軟性に優れているという特徴からサイディングの目地に使用されることが多いようです。

耐候性については、シリコンが材料ものもと比較すると劣ります。

 

しかし、外壁塗装の補修、内装や外装の目地部分、モルタルやコンクリートのクラック部分の補修など幅広く使用されています。

柔軟性に優れているという特徴から屋根、金属部分などにも使用されることが多いようです。

 

このように、変成シリコンが材料のシーリングは多様性があることから、さまざまな場所に使用されています。

しかし、価格面ではシリコンが材料のものより割高、上に塗る塗料の種類によってははじくというデメリットもあるため使用する際には注意が必要です。

 

使用機会が限られているシーリングについて

シーリングの材料としてウレタンやアクリル、ポリサルファイドがあります。

それぞれ、特徴が異なるため適した場所に使用することでシーリングの材料のメリットを最大限生かせるでしょう。

 

ウレタンは、硬化するとゴム弾力を持つことからクラックや目地の補修に使用されます。

シーリング後、塗料が濡れる、耐久性が非常に高く、変成シリコンより割安というメリットがあります。

 

その一方で、紫外線に弱いというデメリットがあるため使用する場所には注意が必要になります。

硬化することで弾性体になる特徴から湿った場所へ使用できるのがアクリル材料のシーリングです。

 

ただし、耐久性がないことから使用される機会、場所が限定されるなどニーズは少ないシーリングです。

ポリサルファイドが材料のシーリングもあります。

 

ポリサルファイドが材料のものは、臭いがきつい、表面にゴミや埃が付着しやすく、柔軟性に欠けていることなどから使用場所などが限定され、使用される機会は限られているようです。

シーリングは材料によって、その特徴があります。

 

また、材料によってメリット、デメリットがあり、シーリング後に塗装するのか、使用場所など状況によって使用されるものが異なるでしょう

。シーリングをしたい場所によって最適な材料のものを選択することで、そのメリットをしっかり得られるのではないでしょうか。

 

 

愛知・岐阜・三重のシーリング工事ならお任せ下さい。


会社名:アユムシーリング

住所:〒483-8337 愛知県江南市藤が丘1-1-1

TEL:080-3075-1011 
FAX:050-1522-8656

対応エリア:東海三県、愛知、岐阜、三重

業務内容:シーリング工事/防水工事

PAGE TOP