新着情報

シーリングの寿命は何年?その重要性とタイプ別の耐用年数を紹介


 

外壁についているのがシーリング材です。
このシーリング材も外壁同様に寿命があるのですが、その事実を知っている方は、意外に多くありません。
そこで今回は、シーリングの寿命について、重要性も絡めながら説明していきます。
また、素材別のシーリングの寿命についてもまとめました。
この記事を読めばシーリングの寿命についてわかるのではないでしょうか。
 

・シーリングの寿命とは?

シーリングの寿命について、一つの目安が約7~10年程です。
これは、外壁塗料に比較すると比較的短めになっています。
実際にサイディングやモルタルの目地に使用するシーリングは、外壁関連の建材の中でも最も耐用年数が短いのが特徴です。
そのため、シーリングの補修のみを行って塗り替えをなしで行うケースも少なくありません。
確かにシーリングの耐用年数は、種類によって異なるため、これ以上の寿命を持ったシーリングも存在します。
しかし、長寿命のシーリングを使用しても環境によって劣化が進むケースも多いので、
そう言った点に注目してこまめに点検してもらうのがオススメです。
 

・シーリングの重要性について

シーリングは重要です。
シーリングの劣化を放置すると、外壁全体の劣化につながっていってしまうからです。
そのため、シーリングのメンテナンスは塗装や外壁材と同じくらいこまめにチェックを受けるのがポイントといえるでしょう。
 

そんなシーリングの役割について改めて解説すると、亀裂の防止、腐食の防止、気密性の保持といった3つが挙げられます。
まず、亀裂の防止は、サイディングやモルタルの外壁に地震や地盤の揺れ(道路の往来や工事、鉄道の振動など)
がかかった際に外壁に亀裂が入るのを防ぎます。
シーリングがないと、様々な振動でかなり短期間のうちに亀裂が入ってしまうでしょう。
 

腐食の防止としては、雨水の侵入を防ぐ役割があります。
シーリングは、防水性が高いため雪や雨が降っても浸透しません。
そのため、屋根同様に外壁に水分が浸透するのを防ぐことによって外壁を水分から保護する作用があるのです。
 

最後が気密性の保持です。
シーリングは、外壁の隙間を充填して気密性を高めることができます。
これによって室内や外壁の気温の上下動を軽減し、寿命を延ばしたり、室内の環境を快適にします。
 

このように3つの作用がありますが、シーリングの劣化が起こることでこれらの機能は損なわれます。
そして、亀裂が入りやすくなり、雨水が侵入して腐食が進み、さらに室内にも影響を与えるようになるのです。
つまり住宅を守る力が失われ、家自体の寿命も短くなるといっても過言ではありません。
そう言った意味でもシーリングの寿命を見極めて、適切な時期に補修するのは重要です。
 

・タイプ別のシーリング寿命を紹介

シーリング材はには主にウレタン系、シリコン系、アクリル系の3つがあります。
ウレタン系の中でも一般的なシーリング材で、先ほど紹介した寿命が約7~10年程というのは、このウレタン系を指します。
弾力性に優れていて長時間経っても汚れにくいのもメリットです。
シリコン系は寿命が大体10年以上です。
最近のトレンドになりつつあり、耐熱性や柔軟性に優れています。
アクリル系は非常に寿命が短く約5年程度です。
こちらはコスト以外には魅力がなく、あまり使われません。
しかし、コストを意識して住宅を建てる場合やリフォームでまれに利用されます。
 

まとめ

シーリング材には寿命があり、住宅を守るために重要な役割を果たします。
しかし、その寿命は約7~10年程が目安となっています。
さらにアクリル系のシーリングはより短命になるので、注意が必要です。
気になる方は、こまめに外壁の劣化がないか工事した施工業者に相談するなどして点検を受けるようにしましょう。
 
 

愛知・岐阜・三重のシーリング工事ならお任せ下さい。


会社名:アユムシーリング

住所:〒483-8337 愛知県江南市藤が丘1-1-1

TEL:080-3075-1011 
FAX:050-1522-8656

対応エリア:東海三県、愛知、岐阜、三重

業務内容:シーリング工事/防水工事

PAGE TOP