新着情報

シーリングが劣化する原因や点検について

 

シーリングという言葉を聞いたことがありますか。これは、建物の隙間に入れる合成ゴムのことを指します。

一体なぜこのような作業をするかというと、
シーリングを建物に埋めることで雨や風が家の中に入るのを防ぐためです。

シーリングは建物において欠かせないアイテムの1つですが、長年暮らしていくとどうしても劣化してしまいます。
この原因と対処法について解説していきましょう。

 

なぜシーリングは劣化するのか

シーリングが劣化する原因は、長年の雨や風によってゴムがどんどん硬くなってしまうからです。
一般的に硬化といわれる現象ですが、ゴムが硬くなってくると伸縮性を損なってシーリングにヒビが入ります。

ヒビが入ると当然そこは損傷しているため、やがて剥がれてしまいます。

すると剥がれたところから雨や風が入るようになり、最終的には建物全体にダメージを負ってしまうのです。

では、シーリングの劣化を止めるにはどうすればいいのでしょうか。

 

シーリングを定期的に点検する

シーリングの劣化を防ぐためには、定期的に点検を行いながら清潔に保たせておく必要があります。

まず、チェックしなければならないのがゴムのヒビです。

ゴムの硬さは一目見ただけではなかなか分からないので、目立ったヒビがないかどうかを確認しましょう。

少しのヒビであれば、ホームセンター等で購入したシーリング剤で対応可能です。

例え小さなヒビでもそこから雨や雪が入ってきて、雨漏りの被害に遭う可能性は十分に考えられます。

決して甘く見ないで迅速に処理するようにしましょう。

また、劣化への処置が遅れるとゴムが剥がれているところも確認できます。

自分で直せればいいですが、もし難しい場合は業者を呼ぶことも視野に入れておくのが重要です。

シーリングの劣化を防ぐためには、点検をした後にしっかりと掃除しなければなりません。

雨と一緒に付着した汚れやゴミなどを綺麗にふき取るのがおすすめです。

 

シーリングの劣化を直してもらう際の業者選びのポイント

シーリングにヒビが入った程度であれば、上記でも挙げた通り自分自身で直すことも可能です。

しかし、中には劣化が著しく進行してしまい、自分だけでは手に負えないケースもあります。

このときは業者に頼むしか手段がありませんが、どういった方々にお願いすべきか分からなくなるかもしれません。

そのときに信頼のおける業者に頼めるポイントを説明していきましょう。

まず、確認しなければならないのが業者の実績です。

数々の建物を直してきた実績を誇る業者であれば、シーリングの修復にかかる作業もスムーズに進みやすくなります。

業者のホームページから、実績における情報を獲得することが必要不可欠です。

加えて、見積書を出してもらって費用を検討するようになりますが、なるべく近距離の業者を選ぶようにしてください。

その理由は、何かあったときの応急処置にあります。

遠方の業者を選んでしまうとすぐに駆けつけられなくなるため、近所の業者を手当たり次第探すようにしましょう。

 

シーリングの劣化にかかるまとめ

シーリングの劣化は、自身が住んでいる建物の寿命にも大きく関わります。

普段の暮らしからすれば、シーリングなどほんの一部の素材に思うかもしれませんが、

決して甘く見ずに点検していくことが大切です。

掃除をしていきながら、なるべく長い間劣化を防ぐように心がけてください。

もし、異変が見られた時には自分で直すか、業者にお願いするかの二択に迫られます。

大きな劣化があった場合は、自分で直せなくなることも十分に考えられます。

その際には費用や距離、実績などあらゆる面を考慮していきながら頼りがいのある業者を見つけていかなければなりません。

愛知・岐阜・三重のシーリング工事ならお任せ下さい。


会社名:アユムシーリング

住所:〒483-8337 愛知県江南市藤が丘1-1-1

TEL:080-3075-1011 
FAX:050-1522-8656

対応エリア:東海三県、愛知、岐阜、三重

業務内容:シーリング工事/防水工事

PAGE TOP