防水工事

防水工事で変わる家の寿命

防水工事で変わる家の寿命画像

防水工事とは、雨漏りや漏水を防ぐ目的で行われると思われる方が多いかと思います。実は水を侵入させないのはもちろんのこと、湿気やカビ、紫外線からも保護する役割もあり、建物を守ってくれる大切な工事なのです。

経年劣化により防水性を発揮できなくなった建物は、水が侵入したところから雨漏りを発生させるだけでなく、躯体も確実に腐食させていきます。漏水は建物内部に損害をもたらすだけでなく、耐久性の低下やカビが繁殖する原因となるので、お住まいの寿命を伸ばすためにも定期的な点検・メンテナンスが非常に重要です。

防水を行うメリットとデメリット

  • メリット
    防水工事を怠ると、建物の耐久性が低下し、寿命が短くなるだけでなく、地震などの自然災害に弱くなってしまう恐れがあります。また、防水工事を行っても経年劣化は避けられませんので、定期的なメンテナンスが必要となります。
  • デメリット
    防水工事は、使用する材料や工法によって適した施工箇所や耐用年数、費用も大きく異なります。当社では、ウレタン防水、塗膜防水、シート防水などあらゆる防水工事の施工に対応可能。現地調査を行った上で症状に合わせた最適な工事をご提案いたします。現場診断とお見積もりは無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

シーリングのメンテナンス
打ち替えのご相談はこちら

防水工事の費用を抑える方法

屋根や外壁は、住宅の中でも特に雨水や紫外線など厳しい自然環境にさらされている場所です。建物の劣化を放っておくと耐久性・防水性がどんどん低下し、漏水や腐食、カビの発生など様々な影響を及ぼしかねません。

劣化が防水層にまで進行すると、部分的な補修だけでは難しくなり、状態によっては全面改修工事が必要となります。施工箇所が広範囲になる分コストも高くなってしまうため、トップコートの塗り替えを行うだけでも、将来的な工事費用を抑えることができます。

防水専門の職人が行う工事

防水専門の職人が行う工事画像

アユムシーリングは、愛知・岐阜・三重の東海エリアを中心にシーリング・コーキング工事を専門に行っている会社ですが、防水に関する工事一式も承っております!

弊社が得意としていない施工内容であれば、より信頼ある協力会社様をご紹介いたします。ご依頼されたからといらえずやるような逃げ工事は一切致しません。地域に根差した工事店を目指して、お客様に喜んでいただくために誠心誠意、対応させていただきます。
お住まいでお困りのお客様、またシーリング・工事のできる会社をお探しの工務店様や協力会社様も、ぜひお声がけください!

防水工事の費用を抑える方法

  • 戸建てベランダ画像
    戸建てベランダ
    歩行による摩耗、強風による飛来物が原因で、塗装の表面が傷ついてしまうことがあります。目立った傷がなければトップコートの塗り替えを行います。
  • 戸建てバルコニー画像
    戸建てバルコニー
    歩行による摩耗で床が劣化することがあります。また、ベランダとは違い屋根が設置されていないので、勾配不足や排水溝の詰まりが原因で水たまりができることも。
  • マンション屋上画像
    マンション屋上
    屋上は雨風や紫外線の影響を受けやすく、建物の中でも劣化が進行しやすいです。放っておくと、雨漏りや腐食の原因となりやすいので注意しましょう。
  • 陸屋根画像
    陸屋根
    勾配が少なく水はけが悪いため、雨水が溜まりやすい陸屋根。その分、防水性の劣化が早いため、こまめなメンテナンスが必要となります。

防水工事の種類

  • 塩ビシート防水
    塩化ビニール樹脂で作られた塩ビ防水シートを、既存の防水層の上から貼り付ける工法です。シートを接着剤で貼るだけなので施工作業も簡単。シート自体の耐候性と伸縮性に優れており、保護層なしでも軽歩行できます。また、意匠性に優れ、様々なデザイン性の防水シートがあるのも魅力です。

    使用する建物:マンション

  • ゴムシート防水
    ゴムシートを接着剤として用いて、下地に固定する工法です。材質が合成ゴムなので伸縮性が高く、下地の動きに追従しやすい性質を持っています。しかし、伸縮性が高い分、下地の影響を受けやすく、シート自体も薄いため鳥害を受けやすくなってしまいます。

    使用する建物:マンション屋上

  • ウレタン防水
    下地に塗るだけで防水層を形成する、日本で最も採用されてる方法です。液状の材料を使用するため、どんな形状にも馴染みやすく、あらゆる場所に施工できるのが特徴。継ぎ目のない仕上がりで、シートの剥がれや隙間からの雨漏り・漏水の心配もありません。

    使用する建物:個人邸 バルコニー RCの屋上 陸屋根

  • FRP防水
    強度が高く、耐久性に優れたガラス繊維強化プラスチックを応用した被覆防水層を形成するFRP防水。耐荷重性・耐摩擦性に非常に優れ、重歩行や車両走行にも耐えられるほどの耐候性の高さを持っています。また、従来の塗膜防水に比べ硬化時間が短く、工期が短縮できるのも大きなメリットです。

    使用する建物:個人邸 バルコニー

  • トーチ防水
    ガスバーナーで改質アスファルトシートの裏面を炙りながら張り重ねて防水層を形成するトーチ防水。シート同士を接合させる際も、隙間なく溶着させることができるため、水密性に優れた防水層を形成しやすいのが特徴です。熱溶解アスファルトを使用しないため煙や臭いが少なく、マンションなど集合住宅の施工にも適しています。

    使用する建物:マンション屋上

  • アスファルト防水
    歴史が古く、信頼性の高い工法。合成繊維不織布にアスファルトルーフィングを貼りあわせることで防水層を作ります。ルーフィングを重ねることで、水密性に優れた防水層が形成することが可能。施工後すぐに硬化するため、防水性能を発揮するのも特徴です。

    使用する建物:マンションの屋上、陸屋根、中庭

防水を行う主な工法

  • 密着工法
    防水層を下地に密着させる方法で、人の出入りが多いベランダやバルコニー、屋上などの施工によく使われます。軽量なため建物への負担が少ないことと、工期の短さ・コストの安さが特徴です。下地に密着しているため下地に含まれる水分の影響を受けやすく、防水層のひび割れや膨れに注意が必要です。
  • 通気工法
    防水層を下地に密着させないで浮かせる施工方法。既存の防水層を撤去しなくても、上から防水剤を塗布することにより改修が可能です。湿度や水分、ひび割れなど下地の影響を受けにくく、耐久性が高くなるのが大きなメリット。メンテナンス期間が長くなる分、ランニングコスト低減にもつながります。

防水工事の流れ

  • 1.洗浄
    下地に汚れがあると仕上がりにも影響するため、高圧洗浄で汚れやコケなどをしっかり取り除き、下地をキレイに清掃していきます。
  • 2.下地処理
    目地部分の劣化、ひび割れなどが発生している場合は、傷んだシーリングを撤去して新しく充填したり、下地をはがし補修します。
  • 3.プライマー塗布
    水漏れから建物を守る重要な工程。防水シートの接着性を高めるために、下地部分にプライマーを塗布していきます。
  • 4.防水層の施工
    防水シートや塗料を使って防水層を形成していきます。塗装による防水工事は、塗料が乾いてか2回防水層を施工する場合もあります。
  • 5.トップコート塗布
    塗料が剥がれたり、シートの接続部分から水が入り込まないように、トップコートを塗って仕上げを行います。
  • 6.仕上げ
    お客様立ち会いのもと、現場をご確認いただきます。施工内容に問題がなければ完了・引渡しとなります。

アユムシーリングの
行う業務

  • シーリング工事画像
    シーリング工事
    シーリング工事は、施工規模や使用する材料により、費用に差が出ることがあります。弊社はご相談、見積もり、外壁診断、雨漏り診断を無料で行っております。
  • 防水工事画像
    防水工事
    防水工事には、ウレタン防水、塗膜防水、シート防水など様々な工法があり、種類によって適した施工箇所、費用や耐用年数も変わってきます。当社ではあらゆる防水工事の施工に対応可能で、現場調査を行った上で症状に合わせた最適な工事をご提案いたします。
PAGE TOP