シーリング工事

シーリング工事とは?

シーリング工事とは?画像

シーリング工事とは、建物の部材の隙間や外壁とサッシの間など、動きの多い目地を塞ぐ目的で行われる防水工法の一つです。

建物には、外壁やサッシ周り、屋根など、様々な部分に目地があります。経年劣化などによりひび割れが生じると、そこから雨水などが建物内部に流れこんでしまいます。

シーリング工事は、隙間から「雨水の侵入を防ぐ防水性」と、地震などにより建物が揺れた際に「伸縮性により建物を守る耐震性」として、非常に重要な役割を果たします。約5年〜10年で劣化してしまうと言われているので、定期的な点検・メンテナンスが大切です。

シーリング工事の役目画像

シーリング工事の役目

緩衝材の役割として、動きの多い目地や隙間にシーリング材を充填することで、サイディングへの負担を軽減。地震や台風などで建物が揺れたときにシーリング材が伸び縮みをし、雨水の浸入を防ぎ漏水から守ってくれる役割があります。劣化を放っておくと、構造材の腐食やカビの原因になってしまうので、早急に補修する必要があります。

シーリングの注意点

これらの症状が出ていたら、シーリング工事が必要なサインです!

傷んだコーキングを長年放置すると、徐々に雨水が建物の内部に流れ、家の躯体までダメージを受けてしまうリスクが高まります。

主に施工されるシーリング工事の方法は、既存のコーキングを補修する「増し打ち」と、コーキングを一度全て外して新たに施工する「打ち替え」の2種類です。劣化が少なく、条件が揃えば工期も短く安価に施工できる増し打ちで済ませられることもあります。こまめにチェックして、早めに対処するのがおすすめです。

シーリングの割れ画像

シーリングの割れ

コーキング材はゴム状の目地材なので、紫外線によって硬く、細くなり、表面に細かいひびが入ります。また、地震や台風など建物の動きに追随できず、ひび割れを起こしてしまうことも。

シーリングの切れ画像

シーリングの切れ

経年劣化により、シーリングの目地の端が切れてくることがあります。切れ目から雨水が侵入し、サイディングボートの剥がれや錆が発生する原因となります。

シーリングの破断画像

シーリングの破断

シーリング材の真ん中が切れることを破断と言います。これは経年による劣化や寿命が原因で起こる現象です。シーリング材は長期的に紫外線にさらされると弾力を失い、劣化してしまいます。

シーリングの風化画像

シーリングの風化

シーリング材は柔軟性が高いものですが、風化していくと弾力性が失われて外壁材と外壁材の間に隙間を作ってしまうことあります。風化は防水機能が低下しつつある状態ですので、早めのメンテナンスを検討しましょう。

シーリング工事の目安費用

広さ30坪程度の一般的な戸建ての場合を想定した目安です。

金額
228,000円~
期間
1日~
人数
2人
材料
サンスター 2570タイプワン NB
金額
157,000円~
期間
1日~
人数
2人
材料
サンスター 2570タイプワン NB
  • ※撤去費用は含まれておりません。
  • ※上記の金額は目安です、現場調査を行い最終金額を出させて頂きます。
  • ※使用する材料によって金額は異なります。

シーリングのメンテナンス
打ち替えのご相談はこちら

アユムシーリングでは、愛知・岐阜・三重の東海エリアを中心に、法人様やマンションオーナー様、個人のお宅まで幅広くシーリング・防水工事を行っております。
シーリングの劣化は住宅の寿命にも大きく関わってくるため、お家を長持ちさせるためにも定期的にメンテナンスを行いましょう。

家を持たせるためのおすすめシーリング材

  • イクシード
    特殊耐久ポリマー「LSポリマー」を配合した、これまでにない耐久性・耐候性を持つ超寿命シーリング材。経年による硬質化を防ぎ、長期にわたって雨水の侵入から住宅を守ってくれます。新築・リフォーム問わず幅広い用途で使われ、窯業系サイディングやタイルなどに施工可能。
  • ペンギンシート 2570タイプ1 NB
    塗料付着性・非汚染性に優れた、変性シリコーン系1成分形ノンブリードタイプ。従来の弾性タイプのシーリング材と違い、経過とともに接着面にかかる力が小さくなる、施工後の剥離による漏水から建物を守ります。窯業系サイディング、タイル、コンクリート目地に施工可能です。

シーリングを打ち込む主な工法

打ち替え

古くなったコーキングを一度全て外して、新しいシーリング材を充填する改修工事のことを「打ち替え」と言います。目地を新たに打ち直すことで防水性や柔軟性をしっかり確保できるので、耐用年数は打ち増しよりも長く、およそ7〜10年と言われています。

打ち替えが多い状況
打ち増しだけでは耐久性を高められないので、コーキングの劣化が見られる場合は打ち替えを行うことをおすすめします。

打ち増し

既存のシーリング材の上から、新しいシーリング材を足して補修することを「打ち増し」と言います。打ち替えと比べると工期や施工費用を抑えられるというメリットがありますが、耐用年数はおよそ2〜5年と少し短めで、長期的な防水機能が得られません。

打ち増しが多い状況
強度を失ってひび割れしてしまったコーキングを修復できるわけではないので、既存のシーリング材がそれほど劣化していない場合に行われます。

シーリングを打ち込む主な工法画像1
シーリングを打ち込む主な工法画像2

シーリング材の種類

シーリング材には、化学反応を起こして固まるタイプ、乾燥して固まるタイプなど、硬化してゴム状になるまでの過程によって種類が分かれています。施工箇所や用途に応じて使い分ける必要があるため、豊富な実績と経験を持つ当社の職人にお任せください!

  • シリコン
    空気中の水分と反応して硬化するタイプ。密着性に非常に優れており、下塗り用のプライマー処理を行わなくても施工が可能で、抜群の耐久性を誇ります。キッチンや浴槽といった水まわり、ガラスなどの施工に適しています。
    特徴
    比較的安価なシーリング材。メンテナンスは半永久的に不要と言われるほど耐久性に優れています。
  • 変成シリコン
    外壁で使われることの多いシーリング材。耐候性・耐久性・耐熱・耐寒性があることから、住宅の外装の目地、サッシまわり、ガラス類、モルタル、金属などの幅広い素材と相性が良い防水材料です。
    特徴
    シリコンとは違って、硬化後は上から塗装ができるため、外壁のシーリング材に適しています。
  • ウレタン
    充填後に硬化するとゴム状の弾力性を持つウレタン。目地の密閉性をしっかり保ち、耐久性はシーリング材の中でも一番高いと言われています。ALCパネルや窯業系サイディングの目地、サッシまわりなどで使用可能。
    特徴
    硬化後に弾力性を持ち、シーリング材の上から塗料を使えることが特徴です。
  • アクリル
    ウレタンと同じく、硬化すると弾性を持ち、表面に塗料を塗ることができますシーリング材。新築のALCパネルの目地などに使用されることが多いです。
    特徴
    水性タイプのシーリング材で、湿った面にも粘着質を保ち、塗装の剥がれが起きにくいです。

シーリング工事の流れ

  • 1.既設シーリングの撤去&掃除画像
    1.既設シーリングの撤去&掃除
    下地に汚れがあると仕上がりにも影響するため、高圧洗浄で汚れやコケなどをしっかり取り除き、下地をキレイに清掃していきます。
  • 2.養生画像
    2.養生
    目地部分の劣化、ひび割れなどが発生している場合は、傷んだシーリングを撤去して新しく充填したり、下地をはがし補修します。
  • 3.プライマー塗装画像
    3.プライマー塗装
    水漏れから建物を守る重要な工程。防水シートの接着性を高めるために、下地部分にプライマーを塗布していきます。
  • 4.オープンタイム画像
    4.オープンタイム
    プライマーを塗布の作業を行った後、完璧に固まるまでの時間をオープンタイムと呼び、プライマーが固まってから充填を行います。
  • 5.上から充填画像
    5.上から充填
    塗料が剥がれたり、シートの接続部分から水が入り込まないように、トップコートを塗って仕上げを行います。
  • 6.仕上げ画像
    6.仕上げ
    お客様立ち会いのもと、現場をご確認いただきます。施工内容に問題がなければ完了・引渡しとなります。

アユムシーリングの
行う業務

  • シーリング工事画像
    シーリング工事
    シーリング工事は、施工規模や使用する材料により、費用に差が出ることがあります。弊社はご相談、見積もり、外壁診断、雨漏り診断を無料で行っております。
  • 防水工事画像
    防水工事
    防水工事には、ウレタン防水、塗膜防水、シート防水など様々な工法があり、種類によって適した施工箇所、費用や耐用年数も変わってきます。当社ではあらゆる防水工事の施工に対応可能で、現場調査を行った上で症状に合わせた最適な工事をご提案いたします。
PAGE TOP